シルビアとは?

初代シルビアは65年に登場。
ドイツ人デザイナー、アルブレヒト.ゲイツ氏の意見を取り入れた美しい、2ドアクーペのスポーティー.スペシャリティであった。
その後、2代目が75年、3代目が79年に登場した。
通称エスイチサンと呼ばれるシルビアは88年に登場した5代目をさす。
93年には初の3ナンバーボディとなった6代目が、そして99年には再び5ナンバーサイズに戻った7代目シルビアが登場。
登場当初、ボディスタイルはノッチバッククーペのみであったが、00年にオープンモデルも追加された。
フロント.ストラット、リア.マルチリンクのサスペンションとFRの駆動方式が醸し出す自然な走行フィールが大きな自慢であった。
02年に製産は終了。現在後継モデルは発売されていない。

現状

IMG_0120.jpg2005年5月27日現在、マフラー・フォグランプ・ターボタイマー以外は、どノーマルのS14前期型です。
グレードはK'sエアロで、純正エアロは気に入っています。

続きを読む "現状" »

メイン